ロゼレムについてや、薬に頼らない私が行った不眠症改善方法をご紹介

ロゼレムを粉砕して少量服用する場合の本当の落とし穴とは

入眠導入剤として今注目を集めているロゼレムについての記事内容となっております。

今回は粉砕して少量服用する場合の本当の注意点などを記載いたします。

 

rapture_20160407180010

 

まず粉砕後の安定性についてですが、ロゼレム錠の原薬であるラメルテオンは光に対して不安定です。

その為ロゼレム錠はフィルムコーティング剤となっています。

 

粉砕した場合の変化ですが、経時的な変化は認められていません。

類緑物質の増加とラメルテオンのわずかな現象は一部確認されています。

 

結論を言えばロゼレムは粉砕可能ですが、粉砕後は遮光したほうがいいと言われてます。

↓参照元(薬剤師ノート)

http://www.pharmanote.org/

 

ロゼレムを粉砕して少量の服用

睡眠薬などでは、人によっては効きすぎたりする人もいらっしゃいます。

 

その際は粉砕したり、錠剤を半分にして服用したりとしている方も多いでしょう。

そして処方された服用量より多く服用するのは危険ですが、この量を減らすという行為に関しては軽視されがちです。

 

ですが粉砕して少量服用する場合、気をつけなくてはいけないのが「医師への報告を忘れない」です。

 

病院に行ってそれを伝え忘れると、医師は

 

「ロゼレムが効かないのか」

「服用量が少なかったのか」

 

などの判断がつかなくなります。

 

rapture_20160408180413

 

粉砕して少量服用する分には問題ないというのではなく、その旨をきちんと医師へ伝えることは忘れないようにいたしましょう。

 

 

自己紹介

rapture_20160408151346

当サイト管理人でココロと申します。

職場のストレスや人付き合いに対して激しくストレスを覚える体質でした。

そのせいもあってか鬱(うつ)病にもなり、眠れない日々も続いて薬漬けに・・・

そんな辛い時期がありました。

 

このサイトでは薬に頼らない、私が行った自然療法や生活習慣の改善方法などもご紹介しております。

当サイトを見て、薬だけに頼らない生活を目指して行こうと思っていただけたら幸いです

ロゼレムの個人輸入
ロゼレムの個人輸入
ロゼレムの副作用
ロゼレムの副作用

特定商取引法